デザイナー

2019.10.27 Sunday

0

    忙しいことを理由にして、

    自分の洋服が作れていない時や、

     

    ビジネス目線が先に立って

    作品を表現する事を忘れがちになってしまった時、

     

    服を作れ。と後押しをしてくれるのは

     

    この道の先をゆくデザイナーの先輩方からいただく便りだったり、

     

    ブランドの規模やキャリアに関係なく、

    ただ洋服が好き、服を作ることが好き、

    という一心で純粋にひたむきに洋服を作り続ける、実際には会ったこともないデザイナーの姿であったり。

     

    ともかく洋服が好きで好きでどうしようも無い人たちがいる、

    という事実に、助けられます。力になる。

     

    この道を進み続けた先に、交わることがあるとすれば、

     

    こんなに幸せなことはないでしょう。

     

    デザイナーになってよかった、と思う瞬間がまたありました。